月~1万円なら全く夢じゃない!NAVERまとめで手軽にお小遣い稼ぎ! – akiragoto
akiragoto

執筆者:akira

月~1万円なら全く夢じゃない!NAVERまとめで手軽にお小遣い稼ぎ!

20150609_img01

サイトで賑わうまとめサイト

WEB上には様々な“まとめサイト”と呼ばれるものがあります。
世界でのあらゆる事象を即座にまとめあげるサイトです。
有名なものですと、
ロケットニュース
ねとらぼ(ITmedia)
などがあります。
もちろんもっとたくさんあり、例えばiPhone7のボディがついにリーク!などの話題が出れば、どこのまとめサイトは大いに賑わいます。

Naverまとめの凄いところは情報量

NAVERまとめ、言わずと知れた情報共有サービスです。まとめサイトの最大手といっても過言ではないでしょう。
NAVERまとめと、その他の大手まとめサイトとの違いは、専属の書き手がいるかどうかになります。
先ほどのねとらぼ等はプロのライターさんなどが雇われているのに対し、NAVERでは誰もがまとめを作成することが出来ます。もちろんNAVER編集部(社員)もまとめていますが。
さらに、NAVERまとめには成果報酬制度的なものがあり、PV数や記事のお気に入りなどに対し、金額が発生します。
“んでも、まとめ記事を作成するのって難しいんじゃないの?”
確かに個人でまとめサイトを作成しようとすると、一人ではかなり厳しいものがあるでしょう。
様々な専門知識に、常に情報収集し、記事をまとめあげる文章力など…求められるものはたくさんあります。
ですが、NAVERまとめの良いところは“誰でも簡単にまとめ記事を作成できる”ことです。
その為、毎日、毎時、毎分、凄まじい量の記事が作成されていくわけです。

NAVERまとめと記事作成者の相乗効果

NAVERまとめにて記事が増えるということは、それだけで、SEO対策になっているということです。
例)鯖の美味しい店 → NAVERまとめ、ぐるなび、
例)鯖の美味しい料理 → NAVERまとめ、クックパッド、
例)鯖にまつわる話 → NAVERまとめ、Yanoo!知恵袋、
ライバルサイトはたくさんあれど、“鯖”という一見、料理系サイトで占領されてしまいそうなワードでもNAVERまとめでのまとめ記事は打ち勝つことができるのです。
なので、まとめ記事作成者は、SEOとか深く考えず(考えるに越したことはないですが)、読みやすく、わかりやすい記事を作成するだけで、PV数が上がっていくわけです。結果、自分も嬉しいし、NAVERまとめも盛り上がり、Win-Winの関係が成り立つわけです。
ワタシがNAVERまとめでまとめ記事を初めて作成しようとして、これがわかったとき、上手いなーと関心しました。

本当に簡単!まとめ記事作成方法!

NAVERまとめの良いところは“誰でも簡単にまとめ記事を作成できる”と述べました。
その理由が、記事をブロックを当てはめるように作成出来るシステムにあります。
NAVERまとめの記事作成の仕組み
タイトル
サムネ
キャプション
————-
見出し
テキスト
引用
リンク
画像
動画
twitter
おおまかに、これだけのアイテムを用いて、まとめ記事を作成します。
“やっぱ大変そうじゃん!”
って思うかもしれません。システムに慣れるまでは中々大変かもしれませんが、一から全て作ることを考えると、このシステムは画期的過ぎます。

画像やtwitter、動画やリンク、引用に使いやすさ

画像は画像ボタンを押すと、サブウィンドウが開き、検索窓がでてきます。Amazonや画像サイトなどを選択しお好みのワードを検索することで、それに関する画像がバーっと出てくるのでそこから画像を選べば、記事に載せられます。違うサイトに探しにいく手間がないのです!
動画はYoutubeのリンクを貼れば自動で再生画面が追加されます。URLを貼り付けると、そのサイトの情報がテキストリンクとして追加されます。twitterも、ワード検索すると、そのワードについてツイートしている方がバーっと現れます。
つまり、記事を作成するに当たり、面倒な引用系が楽に出来てしまうのがNAVERまとめなのです。

HTMLなどの専門知識は不要!如何に記事を読ませるか!

WEB上で何か記事を書くということは、アメブロやFC2をやっているとわかりますが、装飾が出来ます。
ボタン一つでも可能ですが、知識があると、文字を大きくしたり、左に寄せたり、見せ方の幅が広がりますよね!
ブログだとそういうもので、見え方がグッと変わり伝わり方も変わってくるかもしれません。
ですが、NAVERまとめにはそんなものが必要ありません!上部のアイテムを上手く組み合わせるだけで、PV数は稼げます。

NAVERまとめで良記事を作成する方法

まとめ記事を作成するのは簡単と述べましたが、多少の努力は必要です。
逆にその努力をするだけで、良記事に変わるのです。

まとめ記事を作成する前に

まず、何をまとめたいのか整理しましょう。
何でもかんでも詰め込んでしまうと、まとめがあやふやになってしまいます。言いたいことは簡潔に!なんでそうなのかという裏づけをしっかりとする。これが読みやすく、わかりやすい記事になります。
何を主として、誰に伝えたいのかを考え、ある程度の導線を作っておくと、よりスムーズに記事を作成できます。
例)
タイトル:あの○○の意外過ぎる使用方法が主婦の間で話題に!
~○○の説明~
twitterなどの反響
~○○の意外過ぎる使用方法~
twitterなどの反響
他の記事の引用
~こんな意見も~
twitterなどの引用
他の記事の引用
~締め~
以上のような導線を作成することで、行き当たりばったりでなく、わかりやすい道筋を作成できます。

時には自分の意見や表現も入れること

ただ、単にまとめあげた記事は面白みもありません。そんな記事なら、他のまとめサイトに山ほどあります。簡単に作成できるからこそ、自分なりの表現や意見を盛り込みましょう。
上記の導線に沿った記事を作成し、そこに肉付けをしていくのです。このお題から、この記事に行くのは不自然だなぁ~と思って、自分なりの解釈を込めたテキストや画像を盛り込むことで、より人間味のある記事にしていくのです。

自分の為を考える

まとめ方にもよるのですが、旬のネタだけの記事はすぐに埋もれていきます。それはまとめやすいし、まとめる方が多いからです。そのような記事はたくさん必要ないですよね。もちろん全く無いのも問題ですが。
必要とされるのは、“なるほど!”と思わせたり、ストックしたい雑学や知識です。こういったものは、自分があとあと読み返したりしても面白く、しかも人にお勧めできませんか?こういった記事がお気に入りされたりするのです。

NAVERまとめで注目される記事を参考にする

注目されるのは、情報が早い!ということもありますが、それに付随してその人ならではの+αをしていることにあったりします。人気なまとめライターさんはこういうところの手を抜きません。こういった点はどんどん真似していきましょう。起承転結であったり、読みやすさには理由があることがわかりますし、この時、こういった使い方するのかーなど勉強になります。

自分を売り込む

NAVERまとめで注目記事を作成する手っ取り早い方法は、旬なネタをNaverまとめ内で一番早く、更に充実して公開することです。方法としては、常にYahoo!トピックに上がった情報を確認し、片っ端からまとめていく方法です。
ですが、これはかなりお勧めはしません。ライバルが多いのと、時間がいくらあってもたりません。働かなくても良いのであれば良いかもしれませんが、身心的にも辛いです。せっかくなら楽しくまとめて、ちょこっと稼げたらいいな~くらいの方が稼げたりするものです。

楽しくまとめられる記事が長続きもし、一番良い。

自分の趣味や特技に関することだったら、飽きずに記事をまとめられませんか?
サッカーが好きなのであれば、サッカーに関するまとめ記事をあげまくる!
例えば、日本代表の監督が○○になりました!などのニュースが出たとき、にわかサッカー好きより、サッカー大好きなあなたの方が絶対に詳しい情報を書けますよね!
そういった記事をあげていると、サッカーの事ならこの人の記事を読めばいいな!ってあなた自身をお気に入りしてくれるかもしれません。これは記事をお気に入りしてくれるより、貴重価値がデカいです。要は、あなた自身を売り込んだ記事を作りこむことも大事になってくるのです。
利益ばかりを追求せず、自分が後で見る為の資料作りとして、楽しくまとめ記事を作成すると、自然とお金が発生していますよ!しかもNAVERまとめの記事は規約違反をしない限り、ずっと残ります。つまり、その後もちょこちょこ見に来る人が来れば何もしなくてもお金が発生し続けるのです。

最後に

まとめは作り終えたら終わり!はい次のまとめ!
時代の流れは速いし、ネットならなおさら!
その風潮はあります。
だからこそ!良記事は何度も手直しをしていきましょう。
NAVERまとめで記事をお気に入りされると、カテゴリの上部にいくのです。
つまり、お気に入りを押され続ければ、その記事は更新し続けられているように見られます。
その為にも、注目されている記事は何度も手直しすることで、飽きられず良記事になっていくのです。
ワタシはNAVERまとめのまわしものでも何でもありませんが(笑)、もしこれからネットでちょっとお小遣い稼ぎしたいなーと思っていたら、NAVERまとめをお勧めします。アフィリエイトよりも素早い結果を得られますよ!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

   

この記事を書いた人

お勧め記事