欲しいカメラバッグがまったく見つからなかった結果、これを買いました。 – akiragoto
カメラ関連

執筆者:akira

欲しいカメラバッグがまったく見つからなかった結果、これを買いました。

カメラが好きでも、そんな機材をたくさん持っているわけでもない一般人なので、カメラ機材の持ち運びに頭を悩まされることはほとんどありませんでした。(強いて挙げれば雨の日くらいかな。)
さすがにレンズ2本にクリーニング用品やバッテリー、三脚などを持ち運ぶとなると、ちょっと小さくても良いのでカメラバッグを考えないとなーと最近、色々物色してました。
カメラだけならば、「THE NORTH FACE(ノースフェイス) エクスプローラーカメラバッグ NM91550」が欲しいのですが、カメラのみだから使う機会が限られるかな~とか考えたり。

 
とっ!
心(はぁと)を射止める私的素敵バッグが見つからず悶々とした日々を過ごしていた中、先日、Youtubeでチャンネル登録している『TSURUTA MAKOTO』さんのとある動画を見ました。

 
正直、目からウロコでしたね。
バッグinバッグ的な考えはあったのですが、正直どうなんだろーと思っていただけに、プロのカメラマンが実際に使い勝手が良いと言っているのだから間違いはないだろうと。
先にも述べたように、私はライトユーザーなので、ガチバッグは必要なく……、
 
重要なのは「ファッション性」。
 
せっかく機能だけでなく、見た目の格好良さ含めカメラも選んだのだからバッグもこだわりたいところ。
カメラバッグは機能や安全性などを考慮され設計しているものが多いため、決して安くはないので、『TSURUTA MAKOTO』さんが動画内で仰っているように、その日のファッションで左右されてしまう“The カメラバッグ”を購入するに至らなかったわけです。
あと、普通のバッグをたくさん持っているので、それを活かせなくなるのも勿体無いかな~と。
ということで、収納型のインナーバッグ(ボックス)を買いました。

「ETSUMI モジュール クッションボックス D」

20161006_img01

一般的なインナーボックスだと思いますが、いいなと思ったのが、収納を調節できる仕切りが2つ付いていて、その内の一つが途中で折れ曲がり一眼レフカメラ本体をレンズ装着したまま収納できるよう調節できる点ですかね。
※下図参照

20161006_img02
20161006_img03

折れ曲がった部分にグリップ、もしくは逆レンズ脇ボティー部にあて固定するカタチになります。
もちろん、レンズが長すぎる場合などは収納方法は変わってくると思いますが、結構この仕切りが便利です。
実際に、下記のものを全て入れ込むことができました。
↓収納前
20161006_img05
・カメラ本体(レンズ付)
・替えのレンズ1本
・予備バッテリー1個 & 充電器
・ブロアーブラシ
↓収納後
20161006_img04
折れ曲がる仕切りの中にバッテリー&充電器とブロアーブラシを入れてます。
もう少し上手くやれば、予備バッテリーもう1個とフィルター1枚、SDカードケースくらいは足せそうです。
『TourbillonCafe』のアンソニーさんが“THULE (スーリー) ”のバッグ紹介の際、カメラの収納仕切りにプラスして緩衝材を携帯していると言ってましたが、確かにあると便利かなと思います。
実際、ETSUMIのクッションボックスにα7ii(loxia2/50付)を入れたとき、折れ曲がる仕切りでレンズ下がスコスコになったので、少し緩衝材があると安心感が増す気がしました。
アイキャップ部分の出っ張りにより、少しポッこりしてしまうのですが、クッションもしっかしているので問題ないかと。

Manhattan Portageのメッセンジャーバッグに入れてみた

20161006_img06
これを買おうと思ったキッカケの一つが“Manhattan Portage メッセンジャーバッグ”でした。
このバッグ、最近全く使っていなかったので勿体無いなと思っていて、カメラバッグ専用にしようかな?と思ってました。
そんな矢先、『TSURUTA MAKOTO』さんの先の動画を見て、プライベートなど荷物が少ないときはインナーボックスを利用して、このバッグを使用しているのを見て、「ええやん!」って思いました。
完全なる“真似”ですね。
いや、“リ・ス・ペ・ク・トしてる”と言わせて下さい。
ちなみに、『TSURUTA MAKOTO』さんは交換用レンズ入れとしてインナーボックスを使用しており、ボディだけ別に入れていたので、もう少しインナーボックスは小ぶりになりますが。
何はともあれ、入れてみました。
せっかくなので、軽く出かけると想定してちょこちょこ入れてみると、これくらいは入りました。
20161006_img07
先ほどのインナーボックスに、ペンケース、ケア用品、メモ帳、財布、スマホと、必要最低限のアイテムを入れてみましたが、まだ余裕がありました。
しかし、下にいくほど狭くなるバッグの構造上、MacBook Air 11inchはちとギリギリで厳しかったです。iPad airやminiなら問題ないかと思います。

久しぶりに買ってよかったと思える一品

“好きなバッグをカメラバッグに”
そんな夢を低価格で叶えてくれる、そんな一品です。
沼はレンズだけかと思っていたのですが、カメラバッグもあるんですね。
お金のかかる趣味ですな。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

   

この記事を書いた人

お勧め記事