Kindleも収納可!ミナペルホネンのほぼ日手帳専用カバー“ジッパーズ”は収納力満点で大満足! – akiragoto
日常アイテム

執筆者:akira

Kindleも収納可!ミナペルホネンのほぼ日手帳専用カバー“ジッパーズ”は収納力満点で大満足!

今年もあと残すとこ半月となりましたね。
今思うと、月日の流れはとても早く感じるのですが、手帳を見返すと、色々やってきた軌跡が見れてしみじみ感じます。
人生的なイベントも多々あったので濃い一年でした。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コスパ最高!無印良品の手帳

2016年は無印良品の手帳を愛用してます。
無印良品の手帳は種類がとっても豊富!
自分が選んだ手帳も程よい大きさで、使い勝手もすごく良かったです。
手帳を綺麗に扱えない自分には、自由度の高い手帳は利点で、さらにリーズナブルだから気にせずガンガン使えるのがいいですね。
年甲斐なく、ステッカーをペタペタと貼って子供の手帳のようです。

大人気の『ほぼ日手帳』を購入


以前、『【2017年度版】もうすぐ今年も終わりますが、来年の手帳は買いました?』でも少しふれましたが、今年は、『ほぼ日手帳』を購入しました。
咄嗟のメモ書きや、スケジュール管理に一冊手帳があると便利です。
デジタル家電が大好きでも、何が何でもデジタルというのは性に合わないので。

手帳の二文字が格好いい


購入したのは、『ほぼ日手帳』の“Planner”というシリーズになります。
理由は
格好いいから!
1年付き合う相棒になるわけです。
自分が大好きになれるって最低で最高の条件ですよね。
サイズは、定番の“オリジナル”シリーズと同じ、文庫本サイズ。
“Planner”が“オリジナル”と大きく違う点は、全ページが英語で表記されているところ。

Plannerは、全ページが英語で表記されたインターナショナル版のほぼ日手帳です。セレクトショップ・ブランドARTS&SCIENCEのオーナーであるソニア パークさんと、毎年いっしょに制作しているものです。日本語版の「1日1ページの文庫本サイズ」「180度パタンと開く」「日々の言葉」などの仕様を受け継いで作られた、シンプルで洗練されたデザインが魅力の手帳です。
(手帳本体Planner ほぼ日手帳2017 公式サイト引用)

黒地に金色で手帳と書かれた、一見、硬派に見える手帳も開いてみるとインターナショナル!
英語表記の手帳は多いですが、表の手帳という潔い文字がとても格好良く今年はこれに決めました。

ミナのカバーも追加購入


最初、“オリジナル”、“Planner”専用の“ジッパーズ”タイプの手帳カバーを購入する予定はありませんでした。
ミナペルホネンの大人気パターンの一つであるtambourine(タンバリン)が今季のカバー。
タンバリン柄が好きで、次購入できる機会は何年後になるかわからないというのもあり、急遽追加購入しました。
身近で使っている人のを見ていて、便利そうなのと、収納も多く使い勝手が良さそうだったというのももちろんあります。
その分、iPhone6と比べてわかるように、結構な大きさになってしまうのですが。

ほぼ日手帳の“ジッパーズ”は収納力抜群


収納箇所がとにかく多い!

文庫見開き分なみの収納箇所

カードやら、メモ帳、筆記用具や、薄型電卓など、これ一つでかなり収納できてしまいます。
この便利さに惹かれたのはもちろん、文庫本入れとしても使えそうですし、今後も使えそうな点がとても魅力的です。


ペンが手帳にあたらない

Kindle Paperwhiteも収納可(※)

閉じる時に手帳にペンがあたらないサイズ感は嬉しいですね。
Kindle Paperwhiteは興味本位で入れてみたのですがジャストでした!
※でもペンが干渉してしまうので、気になる方はそこだけ注意です。

『ほぼ日手帳』はカバーの値段が高い

『ほぼ日手帳』はオリジナルで2,160円(税込)になります。
対するカバーは、約2,000円〜高いもので1万円くらいとピンキリ。
カバーとセットで購入すると最安でも約4000円近くしてしまうので、手帳としては少々高めですよね。
『ほぼ日手帳』の良さは当たり前ではありますが、本体にあるので、カバーなしでの利用もお勧めです。
特に、今回自分が購入した、“Planner”はカバーなしの方が格好良いです。
ぜひ、購入検討している人は中身もしっかり吟味してみてください!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

   

この記事を書いた人

お勧め記事