ソニーユーザーの私が今とっても気になるカメラ。 – akiragoto
カメラ関連

執筆者:akira

ソニーユーザーの私が今とっても気になるカメラ。

2017年明けましたが、物欲にという大きな波に必至に抗って生きています。
『他人の芝は青く見える』
こんにちは。
hiroasa管理人のアキラ(@hiroasakira)です。
最近、社内でカメラ欲しいという子がちらほらいて、カメラ談義に花を咲かせています。
撮影力……ではなく、カメラの商品知識では社内の中で一番あるので、嬉しいことにいろいろとご質問をいただきます。
ですが、今のカメラは本当に甲乙付け難いほど良いカメラばかりで、実際どれをお勧めしたら良いのかわからないのが現状。
事前にお話するのが、センサーの違いくらいで、あとは“見た目が重要”と伝えます。
さすがに、コンデジ、一眼レフ、ミラーレス、フルサイズなどの違いは、カメラの予備知識がないと値段の差に「え!?」となるので、そこだけは簡単に伝えるのですが、あとは気に入ったカメラを買うことがとても重要だと思います。

ワタシがソニーを選んだ理由


またあらためて書く予定ですが、私は長年ニコンを使ってきて、去年ソニーへ変えました。
理由は細かく書くと長くなるので今回は割愛しますが、大きい点は、
・ソニーの写りが好き
見た目が格好いい
以上!
プラスして、ソニー製品がもともと好きってのもありますね。
ニコンユーザーだったと言いましたが、それはメイン機の話で、他にも“オリンパスのペン”、“GR”、“キャノンkiss”も使ってました。
色々と使ってきたのと、それに伴いカメラの性能が進化していったことで出た結論が、「格好良い、自分がいいと思ったものを使うのが一番」というとてもシンプルな答えでした。

気になるカメラ

カメラって趣味の中でも結構お金のかかる方だと思います。
当然ながらそんなにホイホイ変えられるわけでもありません。
だからこそ、メーカーを一生懸命悩んで決めて、レンズを少しずつ追加していくのが楽しいわけです。
逆を言えば、湯水のようにお金が湧き上がるのであれば、色々なカメラをいじってみたいのはカメラオタクとしてはあります。カメラ好きならみんなそうなのではないでしょうかね?
ということで、いきなりですが、私が現在、使ってみたい(欲しい)カメラを紹介します。

ニコン D500

ニコンDXフォーマットデジタル一眼レフカメラD500
2016年4月に発売された、ニコンのDXフォーマット(APS-C)の最上位機になります。
カメラ市場が写真だけじゃなく動画も!と、一眼動画が流行っている中、D5と一緒に発表されて、Dムービーもすげぇんだぜ!って写真だけじゃないニコンの技術力を収縮させたモデルになります。
153点AFシステムに、約10コマ/秒の高速連続撮影可能。そして、4K動画に対応。ミラーレスの三大巨頭(ソニー、パナ、オリンパス)に見せ付けるが如く、一眼レフの強みと4K動画を付けてきた化物になります。
APS-C機の中では今、一番欲しいモデルになりますね。
ニコンからソニーへ変えたといっても、ニコンは好きなので本当に欲しいし、使ってみたいですね。

キャノン EOS 5D Mark IV

デジタル一眼レフカメラ EOS 5D Mark IV
カメラ好きなら言わずもがなな5Dシリーズの最新モデルですね。
35mmフルサイズモデルになり、キャノンだと上位機にEOS-1Dxや、5Dsや5Drが既に出ている中、発売前、どこまでの性能で発売されるのかが非常に注目された商品ですね。
約3000万画素で約7コマ/秒連続撮影、4K対応と、色々なメーカーからフルサイズ機が出る中で、正直まだちょっと手が出しにくい金額帯ではありますが、なぜ、このカメラを挙げたかというと、5Dmark3からの評判の良さとキャノンのレンズが使える点が強いですね。
キャノンには良いレンズがとても多く、それを活かせるもっとも使いたい現実的なボディが“5D Mark IV”になり、これを挙げました。

パナソニック LUMIX GH5

マイクロフォーサーズ規格のミラーレス一眼カメラ「LUMIX GH5 (DC-GH5)」
「Photokina 2016」で開発発表、今年1月に日本で正式発表された、マイクロフォーサーズ規格のミラーレス一眼カメラ“LUMIX GH5”になります。
ぶっちゃけ、かなり欲しいです。
写真撮影……というより、動画撮影用カメラとして定着され愛されているGHシリーズ。
動画投稿サイトでも、動画撮影機材として使用している方の多いこと多いこと。
初めてデジ一を買おうとしてたとき、パナソニックなんて眼中にしてなかったあの頃の自分を殴りたい。
すみませんでした。
“写真撮ってこそのカメラでしょ!”
と言った話題はさておいて、動画撮影に特価した機能や、操作性、アクセサリーの豊富さは本当に群を抜いています。ライカレンズが使えるのもおいしい点。
勿論決して安くはありませんが、例えば、現在の“GH4”基準で4K動画を楽しむにはかなりお値打ちな価格になると思います。4Kを撮影できるカメラは増えてきましたが、バッテリーのもちやレンズ交換での表現の幅の広がりなど総合的な面に価格面を加えた結果です。
とある私的用事で撮影会社に動画撮影を依頼したときに、そこのスタッフが“GH4”を使っていて、出来上がった映像に驚いて“GH4”の素晴らしさを知ったのが出会いです。
そこから、動画投稿などでも評判が良いことを知り、一度“動画撮影機”として使ってみたいなという気持ちで最新機にあたる“GH5”を挙げました。
有効画素数も上がってますし、外観からの操作性も良さそうなこと、推定市場価格がレンズ付きで30万を切っていることから、これから“GHシリーズ”の利用者がもっと増えるのではないのかなと思います。

最終的には自分で判断

“オリンパス OM-D E-M5 Mark II”や“フジフィルム XSeries X-T2”など気になるカメラを挙げたらキリがありません。
それくらいどのメーカーも魅力的なカメラを世に出しているわけです。
そんな中、どれが一人一人にとってベストなカメラかなんて選べないわけです。
勿論、目的別で分けることはできますが、最終的には自分の目で写りやボディの見た目を判断することがとても大切になってきます。
長く使うものだからこそ、たくさん悩んで、見て触って、自分のベストなカメラをお探しすることをお勧めします!

【2017年9月追記】フジのX-pro2を導入しました

なんだかんだあり、フジフィルムのX-pro2を追加購入し、2台体制になりました。
https://hiroasa.com/2017/09/04/xpro2_01/

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

   

この記事を書いた人

お勧め記事