タッチバー搭載のMacBook Proは実際のところ買いなのか – akiragoto
apple

執筆者:akira

タッチバー搭載のMacBook Proは実際のところ買いなのか

2016年、appleより次世代的なMacBook Proが発売されてから大分経ちますが、
「今までのUSBが使えない!」「やたらとバグが発生する!」などなど、発売以来、良くも悪くもやいのやいの言われて話題を集めている2016年型MacBook Pro。
そんな新型MacBook Proを購入検討しているよ!というお話。

新型MacBook Pro 買うのかい?

去年末、私のメイン機であるWindowsの最強マシンがぶっ壊れました。
1年前から兆候は出てたのですが、誤魔化しながら使っていたら完全に起動しなくなるという事態。
ということで、急遽、新たなメイン機が必要となったわけです。
サブ機でMacBook AirやMacMiniを使用していたり、スマホはiphoneなので、次買うときはMacBook Proと決めていました。
そんな中、発売された新型MacBook Pro。
従来のモデルより軽くスリムになり、ディスプレイも明るくさらに綺麗に。ポートはUSB-Cテクノロジーを活用したThunderbolt 3のみの極めてシンプルなデザイン且つ、タッチバー搭載で指紋認証によるログインでセキュリティ性もバッチリ。
インターフェースの部分ではかなり一新されたMacBook Proとなりました。
ネットでは色々な意見が飛び交っていますが、全体的にリニューアルされたモデルなので賛否があるのは致し方ないこと。
2015年型MacBook Proには、USBは勿論、HDMI出力やSDカードリーダ、脱着しやすいMagSafe電源アダプタなど、“今現在”使い勝手の良い作りになっており、こちらも下位モデルであればまだApple Storeで購入可能です。
今後はUSB-Cが主流になっていくでしょうし、「今思うと革命的だったね!流石アップルやで!」と将来的に言われるモデルと信じ、買うなら新型を購入しようかなと思いました。
タッチバーも楽しそうですしね!

男は黙って15インチ

MacBook Proは15インチになると性能も値段も劇的に跳ね上がります。
「パソコンって買いやすくなったよね」
「マックってコスパいいよね」
そんなパソコン市場でも、全くぶれない姿勢。
嫌いじゃないです。
15インチは持ち運びが出来るギリギリのサイズ感。
デザインを主にしている私としては画面が大きいにこしたことないので、15インチは嬉しい。
15インチのノートパソコンなんて持ったことないから使いたいという願望も強い。
さらに、2016年型MacBook Proは15インチなら、独立GPU搭載!
動画編集も勉強していきたいと思っているので、スペック的にかなり安心です。
(動画制作をメインにしている方も使っているので、宝の持ち腐れになる可能性もありますが)
値段は高いですが、総合評価として15インチ一択となりました。

ストレージは最低512GBは欲しいであります

通常モデルでは256GBのSSD。
ちょっと心許ない。
OSやソフトウェアで50GBくらいはなくなると想定すると、約200GB。
以前のモデルならSDカードによる拡張も可能でしたが、今後カスタマイズできないのならせめて512GBは欲しいなと。
1TB欲しいですが、ちょっと高くなるので512GBで外付けSSDを持ち歩こうかと思いました。

自分への先行投資

appleのHPで金額シュミレートしたらちょっと腰がぬける金額が叩き出されました。
覚悟してたとはいえ、高い。
このブログを書く前日の夜、あと1ボタンで決済完了までいってブラウザを閉じたほど、勇気のいる買い物です。
約1ヶ月分の給料が数年分の仕事をしてくれると思えば、割り切れます。
WEB業、パソコンがないと始まらないので、先行投資としてさらなる高みを目指したいと思います。
(そう言い聞かせ、自分に鞭打たないと)
近日中に購入する予定ではありますが、購入したらまたちょこちょこレビューしていきたいと思います。
自分の持っているバッグに入るかがとても不安。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

   

この記事を書いた人

お勧め記事