写真も動画もこれ一台!ファミリーカメラに最適なミラーレス一眼「LUMIX GH5」 – akiragoto
DC-GH5

執筆者:akira

写真も動画もこれ一台!ファミリーカメラに最適なミラーレス一眼「LUMIX GH5」

GH5 サムネ

かくかくしかじかあり、パナソニックの大人気ミラーレス一眼「LUMIX DC-GH5」を購入しました。
ずっと欲しかったカメラの一つ。
購入に当たり、α7とレンズは売り払いました。
購入理由や、なぜフルサイズ機を売り払ったのか、それについてはまた改めて記事にしたいと思います。
今回は、GH5のファーストインプレッションと簡単な作例を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

最強の動画ミラーレス一眼「LUMIX DC-GH5」

GH5 本体
パナソニック LUMIX GHシリーズは、動画も撮れるカメラとして売り出されている、動画撮影に特化したミラーレス一眼になります。
2017年3月23日に発売された5代目になるGH5は、前モデルとなるGH4と比べ画素数も大幅にアップし、今まで以上にスチルも動画も強化されたハイブリッド機として人気の高いモデルになります。
簡単なスペックはこちら。

型番 DC-GH5 DMC-GH4
有効画素数 2033万画素 1605万画素
測距点 225点 49点
動画 4K 60p 4K 30p
動画撮影時間 制限なし 最大29分59秒
ハイスピード動画 180fps 96fps
4K,6K PHOTO 6K PHOTO
4K PHOTO
4K PHOTO
手ぶれ補正 5段分 非対応
SDカード デュアル シングル
サイズ 138.5 x 98.1 x 87.4mm 132.9 x 93.4 x 83.9mm
総重量 725g 560g

ファインダーやモニターが凄く綺麗になったとか、細かい変更点はたくさんありますが、大きな点は上記になります。

大きく重量級ボディに

X-Pro2とGH5
小型軽量なGH4に比べると、かなり重量級になりました。
X-Pro2と比べてみると一目瞭然。X-Pro2も大きく、そこそこ重い(約495g)のですが、同時に持ってみるとGH5の重さが際立ちます。
フルサイズミラーレス一眼α7ii(約599g)よりも重いというは正直びっくりです。
自分が重い重いと嘆いて手放してしまった、フルサイズ一眼D610(約850g)とはる勢いの重さですからね。
写真で付けているレンズが非常に軽いのがせめてもの救いです。

操作性向上

GH5 ボタン配置
ボディの厚みが増したことやボディが大きくなったことで、グリップ感としてはGH4よりは悪くなったかなという感じです。
GH4の良い点はそのままに、録画ボタンなどのボタン配置が若干改良されたのと、ジョイスティックが追加され、操作性が良くなりました。
ただ、再生ボタンだけはいやらしい位置にあります。これだけは慣れません。

レンズとのバランスが良い

マイクロフォーサーズの利点である小型なレンズから、そこそこのレンズサイズの標準ズームや望遠レンズまで、GH5であればボディも大きいので、ボディとレンズのバランスはとても良いです。
バランスは良いのですが、女性の方や手の小さい方だとちょっと重いなと感じる方もいるかもしれません。

2033万画素は伊達じゃない

GH4に比べると描写は格段に上がっている感じがします。
当然ながらα7iiやX-Pro2に比べると“うーん”となってしまいますが、写真として許容の範囲での綺麗さだと思います。
私個人の用途としては、スチルとしてはX-Pro2に絞って、動画メインの写真機としてGH5を購入したので、そういった点を踏まえると十分過ぎる写りです。
作例01
ビルの質感、雲と空のグラデーション、曇りの天候ながら良く表現されていると思います。
作例02
天候がとても良く明暗差が激しい中でも、白飛び黒潰れせず、肌の質感や細かい髪の毛もキチンと表現されていて驚きです。
ちなみに、使用レンズは「LEICA DG SUMMILUX 15mm F1.7 ASPH.」。RAW現像した写真になります。
良くも悪くも外連味のない写りを見せてくれるなというのが現在の印象です。
ちなみに、フィルターやカメラ内現像等でも遊べますし、そういった操作も直感的に操作しやすいのも楽しいポイントです。
作例03
高感度が“GH4”に比べ強くなったとはいえ、GH5Sならまだしも、やはりそこはマイクロフォーサーズ。
ただ、ボディ内手振れ補正があるので、ある程度シャッタースピードが遅くすることが出来るのは嬉しいですね。
三脚撮影はまだなので、長時間露光の結果もこれから見ていきたいと思います。

動画も写真もこれ一台!ファミリーカメラに最適!

1歳の娘がおり、保育園の行事も今後増えるなと思い、動画にも力を入れていきたいと思っていました。
写真の写りとしてはX-Pro2が最高なのですが、動画を撮影するのには操作性が悪く、α7iiを動画機とするとレンズが高いし、大きい。
マイクロフォーサーズなら35mm換算で望遠のレンズを比較的小型に持ち運べると思い、動画用カメラとして定評のあるGHシリーズを動画機として導入しようと考えました。
でも、実際に運用するとなると、動画だけではなく静止画も撮影したくなります。かといって、2台も持ち歩くわけにはいかない。
動画にプラスして、静止画も納得のいく写りをするカメラが欲しいとなりGH5を購入するにいたりました。
GH4ではスチルとして心許なかったですが、GH5なら旅行にお出掛けにこれ1台で満足出来ます。
まだ購入して数日なので、動画に静止画に、ファミリーカメラとしてこれからガンガン使い倒していきたいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

   

この記事を書いた人

お勧め記事