使い込むほどに味がでる「hender scheme」のカメラストラップ – akiragoto
カメラ関連

執筆者:akira

使い込むほどに味がでる「hender scheme」のカメラストラップ

hender scheme サムネ

hender scheme(エンダースキーマ)の小物類に目が無いAKIRAです。
デザインをポンポン変えず、使い勝手に優れていて、品質の良い商品を定番として出し続けてくれる安定感と言ったらありません。

そんな愛でているhender scheme(エンダースキーマ)から今年、カメラストラップが新発売されたので購入しました。

hender scheme camera strap

hender scheme camera strap 画像01

カラーはoak beige(オークベージュ)、black(ブラック)の2カラー。
購入したのは、black(ブラック)になります。

写真を見てわかる通り、ちょっと焦げ茶っぽいですよね。
革本来の風合いを生かしているため、色味や風合いが一点ごとに異なるそうです。唯一無二という感じです。

ネット等ではsold outな店も多く、在庫が無いのではと心配でしたが、恵比寿の実店舗にて無事購入できました。
どちらかというと、oak beige(オークベージュ)のカラーの方が人気っぽいです。
革のカメラストラップを想像すると、確かに、oak beige(オークベージュ)カラーの方が印象的かもしれません。

このカメラストラップの特徴はデザイン性だけではありません。

hender scheme camera strap 画像02

カメラとストラップを簡単に着脱出来る仕様になっています。
三脚使用時や、カメラを収納する際、ストラップがあると邪魔だなぁと思うことがよくあります。
なので、peak designのアンカーリンクを愛用しているのですが、革のストラップにはちょっとカジュアルすぎるなと思っていたので、peak designのアンカーリンクを使わずにこのストラップだけで着脱できるのはとても嬉しいです。

X-Pro2用に購入

X-Pro2とカメラストラップ 画像01

兼ねてから、X-Pro2に革のカメラストラップを合わせたいなーと思っていました。
X-Pro2はクラシカルなデザインなので、革のストラップが似合います。

ただ欲しいカメラストラップが見つからずモヤモヤしていた時に、大好きなhender scheme(エンダースキーマ)からカメラストラップが発売されたという情報を目にし、急いで買いに行ったわけです。
先ほど着脱云々言っていましたが、この革のストラップがカメラと簡単に着脱できる仕様ではなくても買っていたと思います。

X-Pro2との相性も抜群で気に入っているのですが、気になる点が2点あります。

強度が不安

X-Pro2とカメラストラップ 画像02

先ほども書いたようの普段からpeak designのお世話になっており、絶対的な信頼感があるのですが、hender scheme(エンダースキーマ)のカメラストラップはカメラ装着部と着脱部が若干簡易的に見えるので不安になってきます。(peak designはもっと太い)

耐荷重はわかりませんが、X-Pro2ぐらいが個人的にMAXかなぁという印象です。
フルサイズ一眼レフでの使用はお勧めしません。
X-Pro2でも重いレンズを使用する際は考えものです。

ちなみに、スキマの商品ページではコンデジに使用しているイメージ画像が載っていたので、コンデジなどを対象に作られているのかも。

長さ調節ができない

結構ネックなのがこれ。長さ調節です。
このストラップは長さ調節できません。
ストラップはかなり長いので、腰下くらいまでカメラが下がります。
斜めがけしていればマシですが、首からさげただけですと、普通に歩いていてもその反動でバンバンカメラが当たります。
お下品な話ですが、丁度下腹部ら辺にくるので、男性の私としては辛いところ。
購入する際、実際に試せるなら試した方が良いかもしれません。

感想

色々デメリットも書きましたが、X-Pro2は激しく使うというよりスナップ使いなので、これくらいラフなストラップの方が個人的には好ましいです。
デザインも格好いいですし、革の経年変化も楽しめるので、クラシカルなデザインにベストマッチです。

もし商品が気になりましたら、HPをチェックしてみてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

   

この記事を書いた人

お勧め記事