お勧め写真撮影スポット!世界貿易センタービルが快適過ぎて気に入った – akiragoto
カメラ関連

執筆者:akira

お勧め写真撮影スポット!世界貿易センタービルが快適過ぎて気に入った

作業画像

先日、kickstarterで発表された「peak design」の三脚が欲し過ぎて悩み中。
開始から2日目で日本円にして目標金額の約4,000万円を遥かに超えての5億円の支援が入っているのだから流石の一言。
peak design大好き人間の私としても、ここは支援……というか、単純に欲しいのだが、したいところです。
期限までまだ1ヶ月ほどあるので、ゆっくり悩みたいと思います。

先日、兼ねてから写真撮影に行きたかった場所の一つである「世界貿易センタービル」に行ってきました。
都内の大人気撮影スポットだけあり、写真好きには堪らん場所だったのでご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

大人気展望スポット「世界貿易センタービル」

世界貿易センタービルは羽田空港行きのモノレールが通ってる浜松町駅に直結した場所にあります。
料金は大人620円。
都内でも展望スポットは多々ありますが、今回行ってみて感じたのは、この価格なら通いたいと思わされました。

快適な空間

世界貿易センタービル 展望スペース 画像01

椅子がとても多いんです!
展望スペースの面積に対して、ここまで休憩スペースが多いのは結構少ないのではないかと。

世界貿易センタービル 展望スペース 画像02

カウンター席から、対面席や複数人で掛けられるスペース、ソファ席も充実しています。
家族や観光で来ている方は勿論、スーツ姿のちょっとした打ち合わせしている方もおられました。

 作業画像

ちなみに、この日の私の様子はこんな感じ。
展望スペースなので、共有スペースとして周りの人に迷惑の掛からないように配慮した上でになりますが、作業も出来てしまいます。
この日タイムラプス撮影をしたかったのもあり、撮影に結構時間が掛かるというのは分かっていたので、時間潰しを作業にあてようとパソコンで作業していました。
平日午前中ということもあり、ガラガラだったから出来たというのもありますが。

写真撮影に寛容

展望台では珍しく、三脚での撮影もOKです。
勿論、個人の趣味的な範囲の撮影の場合は無料て利用出来ます。
展望がメインなので、三脚NGな場所であっておかしくありませんが、個人利用での撮影なら三脚も使用出来ます。
商用利用の際は、事前に申し出てお金を支払うようです。(動物園と同じスタイルですね)

日中の撮影時に三脚はあまり使わなくても大丈夫ですが、夜景撮影となると必須アイテムなので、嬉しい限りです。

撮影写真

PLフィルターを忘れるという大失態をおかした為、映り込みなどがありますが、予想以上に綺麗に撮れたので満足です。

center2-2

center2-3

center2-4

center2-5

center2-6

center2-7

使用カメラはFUJIFILMのX-T3、レンズはXF35mmF1.4 Rで、全てF5.6で撮影しています。
先ほど書きましたが、タイムラプスも撮影したのでのせておきます。

タイムラプスの使用カメラはLUMIX DC-GH5S、レンズはLEICA DG SUMMILUX 15mm/F1.7になります。
3:2のまま撮影したので、アナログ放送のようなカタチに。汗

誰得かわかりませんが、X-T3とGH5Sの簡易比較撮影になります。
焦点距離も違いますし、撮影位置も全く一緒ではありませんが、雰囲気が伝われば良いかと。

X-T3 撮影画像01
X-T3 撮影
X-T3 撮影画像02
X-T3 撮影
GH5S 撮影画像01
GH5S 撮影
GH5S 撮影画像02
GH5S 撮影

少し前にGH5からGH5Sに変えたのですが、1000万画素ながら写真の写りにかなり満足しています。
レンズ性能もありますが、MFTで1000万画素でこんだけカリカリ写るのは正直びっくりです。

まとめ

どちらかというと、夜景写真撮影スポットとして大人気の場所ですが、日中も天気の良い日なら遠くまで見渡せるのでお勧めです。
また、私のようにPLフィルターを忘れたり、持っていなくても、日中の方が影響を受けにくかったりするので。

営業開始近くに行ったせいか、ガチカメラを持って撮影している人は見かけませんでしたが、おじいちゃん、おばあちゃんがフィルムカメラで色々な場所を撮影している姿がとても微笑ましかったです。(自分もカメラを生涯の趣味にしたい)

お茶でもしながら好きな時にパシャパシャ気軽に撮れる展望台「世界貿易センタービル」は本当に快適な空間で癒されました。
撮影目的ではなくても行きたくなる、そんな場所です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

   

この記事を書いた人

お勧め記事