程よい大きさのボウルでどんな料理にも合う素敵な「SAKUZANの麺鉢」を購入しました – akiragoto
ご飯

執筆者:akira

程よい大きさのボウルでどんな料理にも合う素敵な「SAKUZANの麺鉢」を購入しました

SAKUZAN 麺鉢画像01

私はあまり料理をしないのですが、一時期食器にこだわっていた時期がありました。
その時は北欧ブーム全盛期。マリメッコやイッタラ、アラビアなどドメジャー級の食器をあれやこれや買っていました。

当時は北欧というワードだけが先行して良いと思い購入していましたが、年月が立ち、長く使える良いモノを購入していくことの大事さを日々感じる年頃に。
そんな年頃になっても、当時購入した食器達は現役で使えているので、良い理由は「北欧」というキラーワードだけではないことを知れたのも、まぁ成長だなと思います。

ちなみに長年そういった食器達を使ってきてなんだかんだ一番使い勝手が良かったのはイッタラのティーマシリーズです。それはまた別の機会に書きたい。

今日は「Japanese Made」の食器のご紹介です。

SAKUZANの麺鉢

今回ご紹介するのは「SAKUZAN」というブランドの麺鉢になります。
「美しくつくること。」を理念にされているだけあり、大きさ、手触り、色合い、全てにおいて計算された美しい風合いを持った器です。

SAKUZAN 麺鉢画像03ブルーグレー
SAKUZAN 麺鉢画像04ダークグレー

購入したのは「ブルーグレー」と「ダークグレー」というカラー。
他にもたくさんカラー展開がありましたが、この2色の組み合わせが綺麗だなと妻と私用として購入しました。
(個人的にはあとイエローを加えたいのですが、イエローはありませんでした)

SAKUZAN 麺鉢画像05

麺鉢の底面に「SAKUZAN」のブランドロゴが掘られているのがとても可愛いです。

SAKUZAN 麺鉢画像07

購入した当日食べたのはガパオ。
普段あまり暗めの食器は買わないのですが、彩られた野菜などがすごく映えるなぁと購入して大満足です。
グリーンとの相性も良さそうなので、サラダ盛り合わせなどにも使っていきたいと思います。

日本の機能美を感じられる逸品

SAKUZAN 麺鉢画像06

美しさは細部に宿ると言われますが、日本の製品はそういった繊細さを感じられることが多々あります。
今回購入したこのSAKUZANの麺鉢もその一つ。

食器って実際に触って、使ってみないとその良さを中々伝えにくいのですが、もし気になった方がいたら是非手にとって頂きたい商品になります。
初めてのこのメーカーの商品を購入したので、他の商品も購入してみたいと思います。

■ SAKUZAN 公式HP は こちら

■ 購入店舗 は こちら

開封動画を作成しました

最近、動画作成に力を入れるべく、開封動画なるものを作成しました。
簡易的ではありますが、良かったら是非ご覧下さい。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

   

この記事を書いた人

お勧め記事