都内から気軽に行ける温泉地“群馬 伊香保”を堪能しよう! – akiragoto
旅行

執筆者:akira

都内から気軽に行ける温泉地“群馬 伊香保”を堪能しよう!

温泉、最近入りましたか?
たまの休みにゆったり浸かりに行きたくなる温泉。
先週末は温泉地、伊香保に行ってきました。
都内から気軽に行ける温泉地の一つである“伊香保”。
比較的、道も混んでいなかったので、高速を使い約2時間くらいで着きました。
(2時間ってとこがミソ!)
 

旅行の楽しみでもあり、悩みどこ。

旅行の時って、一緒に行く人にもよりますが、どこまわろうかなー?って迷いますよね?
旅雑誌でその土地の本を読み漁り、コースを考えるのも旅の楽しみの一つですよね。
実際、旅行前の準備がすっごく楽しかったりするものです。
ただ、やはり初めての土地は、よくわからないので、そのコースが本当にベストかどうか…悩みます。
とゆーことで、伊香保の私的ベストルートをご紹介!
今回は伊香保限定になりますが、ワタシ、実は何度か伊香保を訪れているので、1泊2日で伊香保を堪能出来るコースをご紹介します。
ちなみに、紹介されてない場所もたっくさんありますが、悪い!とかではないので、付け加えるなり削るなりして、ご参考頂ければ、これ幸いかと、、、。
 

宿は伊香保メイン街に!

伊香保に旅行に行く場合、宿は大抵、メイン街になると思います。
伊香保メインで旅行するなら、この近辺にしとおくことをお勧めします。
伊香保は石段がとっても有名ですが、この石段近辺に宿がたーっくさんございます。
リーズナブルな宿から、高級旅館まで様々。
自分の旅に合った宿をお選び頂ければ問題ないかと思いますが、後で後悔はしないように、必ず、レビューを観ておきましょう!
 

宿のレビューは絶対に確認してから予約を!

[レビュー着目点]

  • 従業員の対応
  • 部屋の状態
  • ご飯の美味しさ
  • 全部屋数
  • プラン

従業員の対応やお部屋の良さ、ご飯などはレビューを見たらだいたいわかると思います。
ホテル紹介の写真は実際よりもかなり綺麗に見えることがあるので、鵜呑みにしないように。
全部屋数は、これは人によりますが、大きな旅館などは団体客とかぶる可能性があります。
せっかく騒がしい所を離れ、ゆっくりしにきたのに、宿でもガヤガヤしていたら、どんなに宿が素晴らしくても雰囲気が壊れてしまいますよね。宿泊日がわかっている場合、団体客がいるかどうか宿にお問い合わせしてみるのも良いと思います。
プランは、色々な旅行会社がその旅館での特別プランを用意していると思います。
自分が選ぼうとしているプランで泊まった客が、どのようなレビューをしているか見てみるのもとても参考になると思います。
 

都内から行く、伊香保堪能ルート

今回は都内から行く、伊香保堪能ルートになります。
都内でなくとも参考になるとは思いますが、出発が都内からになるので、そこはご了承下さい。
都内→伊香保・渋川IC
→榛名湖
→グリーン牧場→hara museum arc
→伊香保ロープウェイ
→チェックイン
→温泉入って浴衣着て、伊香保メイン街石段を堪能
—-  1日目終了  —-
 
以上です。
ん?そんなにまわるとこないのかって?
そういうことではありません!
 

伊香保は1日で十分楽しめる!2日目を考えよう!

ここなんです。
上記ルートで1日目で伊香保をかなり堪能できると思います。
では、2日目はどうするか?
ちょっと軽井沢まで行ってから帰るか?栃木の佐野のアウトレット寄って帰るか?
普通に帰って、家でのんびり過ごすか…。
土日休みなどの1泊2日の限られた時間だと、どうしても2日目は明日の事を考えてしまうもの。
2日目は少し余裕をもって過ごせるように考えられることが大事なのです。
ちなみにワタシは帰り道の途中で川越の城下町を堪能して帰りました。
家に着いたのは4時くらい?
家でゆっくり過ごして、気持ちの入れ替えも出来ました。
 

伊香保良いとこ、一度はおいで!

都内から気軽に行けて、十分リフレッシュできる温泉地「伊香保」。
土日キツキツのタイトなスケジュールを組む必要もないので、日々の疲れを癒すのにピッタリの観光地だと思います。
ぜひ、ご参考になればと思います!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

   

この記事を書いた人

お勧め記事