オシャレになりたければオシャレだと思う人をとにかく真似をすること。 – akiragoto
akiragoto

執筆者:akira

オシャレになりたければオシャレだと思う人をとにかく真似をすること。

雑誌など見ていると、この人オシャレだな〜と思うこともよくあるでしょう。
「やっぱオシャレな人はセンスが違うよなー」
と、半ば諦めている人も多いのではないでしょうか?
ですが、センスは鍛えることが出来るのです。
付け焼刃で得られるものではありませんが、意識することでみるみるオシャレなセンスは研ぎ澄まされていくので、もし
「オシャレになりたい!んでもどうやっていいかわからない。」
という方がおられましたら、一読いただけたら幸いです。

オシャレとは?

“オシャレ”という言葉を聞いて何を連想するでしょうか?

【おしゃれの意味】
おしゃれとは、化粧や服装など身なりに気を配ること。美しく装うこと。また、そのような人。オシャレ。

こういった意味合いより、“オシャレかどうか”を目に見えるものへ変換してしまいがちです。
ですが、実際、
「A君、ビートルズとかベックとか洋楽も聴くんだね!オシャレだわー」
「文具にもこだわってるなんて、流石オシャレだね!」
こういった使われ方もします。
まず、オシャレの意味ではなく、定義について知ることが大事なのです。

オシャレの定義

“オシャレは人から受ける評価により成り立つもの”
オシャレは別にしようとしまいと個人の自由ですが、人から評価を受けることで初めて“オシャレ”になります。
「俺ってオシャレだからさ〜」
オシャレかもしれませんが、人が認めなければオシャレとして成り立ちません。
これはとても大事なことです。ここを理解しているのとしていないのでは、オシャレになるスピードも変わってきますので、覚えておきましょう。
「人の評価を受け入れればオシャレになるの?」
ここが難しい所ですが、人の評価を気にしてばかりだと、何がオシャレなのかわからなくなり、自分のしたいスタイルを見失う可能性があるので、人の意見や評価はキチンと聞いて、自分に合った部分のみ参考にするようにしましょう。
相手も少なからず善意で伝えてくれている(はず)ので、邪険にせず、どこがそう思うのか指摘箇所を明確にすることが大事です。

オシャレである意義

特にありません。
オシャレでなくとも、人生は楽しめますし、お金持ちにもなれます。
ただ、個人的な見解ですが、オシャレに興味を持つこと、そしてオシャレであることにマイナスはありません。
むしろプラスにはたらくことが多かったりもします。
オシャレをする上で、お金がどうしてもかかることもあります。
なので、自分の好きなことへの支出を削ってまで行うことが大事だとは思いませんが、自分にとって、利点があるかどうかの確認をすることはお勧めです。

オシャレになる方法

オシャレになることは難しいことではありません。
ですが、ある程度の努力と継続が必要になります。

目標を決める

ダイエットや勉強など、目的が無いと続けることの意味や意義が分からず、断念してしまいがちです。
自分に無い何かを求めようと努力する際は、必ず、その先の夢や目標を持ちましょう。
例えば、オシャレになりたのであれば、
・モテたい
・交友関係を広めたい
・好きな服を着たい
など、オシャレになった時になりたい自分をイメージすることが大事です。
オシャレを理解すればするほど、正確にイメージすることが出来るようになってきますし、逆に正確にイメージ出来るようになってくると、オシャレを理解してきていることになります。
このイメージを指針の一つにするとモチベーションにも繋がります。

憧れの対象者を決める

オシャレとは人が評価するもの。
オシャレになりたいと思っている人も、自分がイメージするオシャレは自然と誰かを評価していることになります。
まずは、その人がどんな人か明確にしましょう。
芸能人?モデル?いつも行く美容院のスタッフ?服屋の販売員?
自分の中での憧れの人をただ単に“オシャレだな〜”で終わらせてしまうのではなく、なぜこの人に自分が惹かれるのだろう・・・というのを、書き出していきましょう。そして自分の中で無いものを確認していくのです。その差を埋めていくことがオシャレへの第一歩になります。
もし、そんなカリスマ性を持った人がいない!というのであれば、雑誌やネットで持ち物や映画、音楽の特集などで、どの特集が惹かれるのか、そしてその特集の中でもどんなジャンルが好きなのか、そういったものをスクラップして感性を高めていくのが良いと思います。

流行りに囚われない

情報サイトや雑誌には、今、どんなイベントが行われているか、何が流行っているのか、露骨な表現をしていなくとも似た特集を組んでいます。
そういった情報を取り入れ、今の時代がどんな流れなのかを“客観的”に捉えられるようにしましょう。
流行りはその名の通り、流され行くものです。つまり、いつの日か淘汰されていきます。(また一巡して流行ることは勿論あります。)
流行りとして捉えるのではなく、自分に合っているか合わないのかで判断し取り入れていきましょう。
オシャレだなと思う人は色々な方面に電波を張っています。
流行もそうでないものも、自分が好きだと思うことをどんどん吸収していきます。
このブレない姿勢が人を惹きつける魅力に繋がるのです。

最後に

自分にない知識を付けようと努力するとき、最初は右も左も分からず苦労すると思います。
なので楽しいと思うことが大事です。
勿論、オシャレになっていけばいくほど楽しくなっていきますが、まずは、目標を決めて、それに向けた小さな目標を決めて少しずつ近付いて行くことが良いと思います。
私は、雑誌に載ってる読者モデルやスナップを参考にしました。
その人がどんなものに関心があるのか、どんなファッションをするのか、それは自分が本当に好きなものなのか、合っているのかを試してみました。
最初はただの真似かもしれませんが、どんなに真似てもその人とは違いますから、同じにはなれません。
その人とは違った感性も持っているわけですから、自分の個性も改めて気付かされると思います。
色々なものを取り入れて、そして自分の個性を大事にしていくことでブレないオシャレをすることができます。
是非、色々な人や情報を取り入れ、自分らしさを発掘して磨いていってください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

   

この記事を書いた人

お勧め記事