運動会の為に「LEICA DG VARIO-ELMARIT 50-200mm / F2.8-4.0」を借りてきました – akiragoto
DC-GH5

執筆者:akira

運動会の為に「LEICA DG VARIO-ELMARIT 50-200mm / F2.8-4.0」を借りてきました

LEICA DG VARIO-ELMARIT 50-200mm レンタル サムネ

今週末は娘の初の運動会!
“初めて”となると、たまちゃんのパパなみに力が入ります。

前回、義兄の子供の運動会を撮影した際は、FUJIFILMのX-Pro2で挑みました。
2歳で競技も多く、写真の方が映えるなと思ったので。

運動会用に「XF18-135mmF3.5-5.6」を借りたので早速試写してみた

2018.09.19

色々ありましたが(笑)、やっぱFUJIFILMの写りは良いなと再認識。

今回もX-Pro2で!といきたいところなのですが、娘は1歳で競技は1種目だし、競技の時間も短いので、今回は動画で一部始終撮るのも悪くないかなと思い、GH5で動画撮影することに決めました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LEICA DG VARIO-ELMARIT 50-200mm/F2.8-4.0 ASPH.

マイクロフォーサーズ用の所持レンズは、「LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm / F2.8-4.0 ASPH. / POWER O.I.S.」「LEICA DG SUMMILUX 15mm / F1.7 ASPH.」の2本。

VARIO-ELMARIT 12-60mm でも35mm判換算で 24mm-120mm なので、いけなくもないのですが、前回の運動会で使用したレンズは35mm判換算で27mm-206mmで、望遠端で少し物足りなさを感じたこともあり、今回はガッツリ、アップ撮影したいと思ったのでレンズをレンタルすることにしました。

LEICA DG VARIO-ELMARIT 50-200mm レンズ画像

レンタルしたのは2018年5月24日に発売した大人気レンズ「LEICA DG VARIO-ELMARIT 50-200mm/F2.8-4.0 ASPH.」
Panasonicが運営しているLUMIX交換レンズ レンタルサービスにてレンタルしました。

レンズ仕様

製品仕様はこちらになります。

型番 H-ES50200
レンズ構成 15群21枚
開放絞り F2.8 – F4
焦点距離 50mm – 200mm
撮影距離範囲 0.75m – ∞
最大撮影倍率 0.25倍(35mm判換算:0.5倍)
防塵防滴
手振れ補正 対応(Dual I.S.2)
外形寸法 ø76mm × 約132mm
質量 約655g
フィルター径 ø67mm

35mm判換算で100mmから400mmまでの撮影可能な長望遠レンズになります。
ボディ内手振れ補正(B.I.S.)とレンズ内手振れ補正(O.I.S.)の組み合わせによる強力な手振れ補正「Dual I.S.2」対応で、長望遠レンズで気になる手振れも安心です。

防塵防滴なのも嬉しいですね。

試し撮り

平日にレンタルしたのであまり撮影出来ていませんが、紹介したいと思います。
全てRAWデータで撮影、現像したものになります。

長望遠ズームが凄い!

Beforeが広角端(50mm)で、Afterが望遠端(200mm)になります。
上記写真は全てF値4、ISO感度200でシャッタースピードだけ調整して撮影しました。

35mm判換算で400mmという望遠レンズを使ったことがなかったので、驚きのズームです。
望遠端での解像力も素晴らしいの一言。
200mmで撮影した写真を等倍表示しても、WEB上でなら全く問題なく、とても綺麗です。

建物も中が覗けてしまうレベル。
ここまで望遠出来ると、見てはいけないものを見てしまいそうです。笑

最後の花の写真では、マイクロフォーサーズでF4撮影ですが、このボケ感。
長望遠の醍醐味ですね。

手振れ補正が凄い!

01
[Exif : ƒ/8.0 1/640 ISO200 200.0mm]

この写真は200mmで撮影したものをトリミングしたものになります。
まさか、手持ちで月が撮影出来るとは思いませんでした。
1/640なのでシャッタースピードは十分確保出来ていますが、重量約655gのズームレンズを支えながら望遠端で撮影したのにも関わらず、手振れしないのは驚きです。

05
[Exif : ƒ/4.0 1/40 ISO800 200.0mm]

こちらも望遠端での手持ち撮影になります。
シャッタースピードは1/40。ヤバくないですか?
「Dual I.S.2」って本当に凄いんだなって実感しました。
flickrでズーム表示してもらうとわかりますが、多少ノイズがのってるものの、色の諧調、質感など素晴らしいなと。

07
[Exif : ƒ/4.0 1/40 ISO1000 50.0mm]

フラッグの陰影のグラデーションがいい感じです。

09
[Exif : ƒ/4.0 1/40 ISO400 56.0 mm]

1/40でもしっかり持てば手振れしないとなると、夜間撮影でもISO感度も落とせますし、絞ることも出来、撮影の幅が広がります。

10
[Exif : ƒ/3.0 1/40 ISO400 50.0 mm]

これだけなぜか4:3で、F値も狙ってではなく、F3.0になってました。
50mm、35mm判換算で100mmという焦点距離は、スナップとして使用するには少々癖のある狭い画角ですが、敢えて情報を詰め込んでみるのも面白いですね。

試し撮りした感想

LEICA DG VARIO-ELMARIT 50-200mm装着画像

広角端も望遠端も解像感が素晴らしいです。
等倍でも目を疑うほどの解像感。
そして何と言っても「Dual I.S.2」での強力な手振れ補正!
望遠レンズなのに、夜間撮影も怖くないのは素晴らしいですね。
ちなみに、撮影時もファインダーを覗いていてブレが酷いと思うことはありませんでした。
(全く揺れないというわけではありませんが、しっかりと構えていれば全く気になりません)

マイクロフォーサーズでもこれだけ撮れるんだってことと、レンズの偉大さを改めて実感しました。
こりゃ高いのも納得です。

レンズ自体は決して小さくはありませんし、軽くもないですが、35mm判換算で100mmから400mmをカバーしていると思うと、持ち運ぶのは苦ではありません。
ただ、カメラ本体に装着して持ち歩くにはちょっと邪魔なので、撮影ポイントを決めて装着するのがベストだと思います。(望遠レンズってそういうものかもしれませんが)

H-ES50200とH-ES12060の大きさ比較画像

ちなみに、このレンズを使用した後に「VARIO-ELMARIT 12-60mm」を持つとこのレンズって小さいんだなって思います。実際、小さくはないんですけどね。

長望遠に解像感も抜群、夜間でも手振れ補正を活かしてどんな場所も撮影出来るこのレンズ。
私がもし探偵になるのならこのレンズを絶対に“経費”で購入しますね。笑

LUMIX交換レンズ レンタルサービス

LUMIX レンズレンタルサービス 店舗画像

今回、Panasonicが運営しているLUMIX交換レンズ レンタルサービスを利用しました。
東京の秋葉原にある「LUMIX&Let’s note修理工房」にてレンズをレンタルすることが出来ます。
秋葉原駅の電気街口を出て、約5~10分ほどの場所。
「Arduino」や「Raspberry Pi」などのIoTが好きな方はよく知っている(利用しているであろう)秋月電子さんの隣になります。

店舗 LUMIX&Let’s note修理工房
住所 東京都千代田区外神田1-8-1 第三電波ビル1F
お問い合わせ
(クリーニング/レンタル窓口)
03-3251-4618
実施日 月、木~日曜日、祝日
(※定休日:お盆・年末/年始)
受付時間 【月・木~土】9:00~17:30
【日・祝日】10:00~18:00
支払い方法 クレジットカード
必要書類等 お客様本人が確認できる身分証明書、連絡のとれる携帯電話の持参

レンズレンタルサービスの実施日は月曜日、木曜日~日曜日、祝日となり、火曜日と水曜日は行っていないので注意が必要です。

レンタル料金

レンタル料金はレンズによって異なり、LEICAレンズの中でも高額なレンズはレンタル料金も割高になります。
それでも、レンタル業者で借りるより安く借りれると思うのでお勧めです。

●H-X025、H-X015、H-ES045、H-HS12035、H-HS35100、H-F007014、H-FS100300 など(※)
当日 750円、1泊2日 1,000円、2泊3日 1,750円、3泊4日 2,500円、4泊5日 3,000円、5泊6日 3,500円、6泊7日 4,000円、7泊8日 4,500円

●H-RS100400、H-NS043、H-X012、H-ES50200(※)
当日 1,500円、1泊2日 2,000円、2泊3日 3,500円、3泊4日 5,000円、4泊5日 6,000円、5泊6日 7,000円、6泊7日 8,000円、7泊8日 9,000円
(※表示レンタル料金は全て税抜き価格です)

今回、私は「H-ES50200」を2泊3日借りたので、レンタル料金は3,500円、つまり税込み3780円になりました。

注意

レンズの本数はとても少ないのでご注意下さい。
ちなみに「H-ES50200」は新しい為か、1本しかありません。
FUJIFILMのレンズレンタルでもそうでしたが、望遠レンズは基本人気なので、真っ先に無くなるようです。
後は、高額なレンズほど本数が少ないといったカタチです。

また、レンズを紛失した場合、現在の販売価格よりも高額な金額を請求されるので、盗難や紛失には細心の注意を払った方が良いです。(当たり前ですが)
破損してしまった場合は、返却時に損傷具合をみて修理費用をどれくらい払うか相談されるそうです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

   

この記事を書いた人

お勧め記事