大自然に美味しいご飯!リゾナーレ八ヶ岳に宿泊してきました – akiragoto
旅行

執筆者:akira

大自然に美味しいご飯!リゾナーレ八ヶ岳に宿泊してきました

星野リゾート リゾナーレ八ヶ岳 サムネ

私事ですが、11月3日は私の誕生日。
自分自身への御祝い?も兼ねて、前々から行きたかった「リゾナーレ八ヶ岳」に行ってきたのですが、噂通りの良いホテルだったのでご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

星野リゾート リゾナーレ八ヶ岳

リゾナーレ八ヶ岳 看板画像

去年、リゾナーレ熱海で初めて星野リゾートを利用しました。

リゾナーレ熱海が、生後8ヶ月の乳児との旅行に最高の宿泊先だったのでお勧めしたい

2017.10.17

1歳の娘との初旅行ということでちょっと心配していましたが、星野リゾートの中でも“リゾナーレ”は子供が楽しめ、安心して宿泊できるサービスが整っており、期待値よりも“遥かに”高い満足度で宿泊出来ました。
X-Pro2を手に入れてからの初めての旅行ということもあったので、色々な意味で楽しかったですね。

そんなこんなで、また“リゾナーレ”に泊まりたいなーと、今年は「リゾナーレ八ヶ岳」に宿泊することに決めました。
丁度、紅葉の季節だったのもあり、時期的にも最適かなとこの季節に宿泊をきめました。

自然と調和したホテル施設

ナビを頼りに「リゾナーレ八ヶ岳」を目指しましたが、こんな山奥にあるのかしら?と不安になるくらい森の奥に位置してました。

ピーマン通り 画像

リゾナーレ八ヶ岳と言えば「ピーマン通り」
ホテルでのステイをより楽しくするレストランやショップが立ち並んでいます。

ピーマン通り ショップ画像
THE NORTH FACE もありました

リゾナーレ八ヶ岳の宿泊場所には「レジデンスルーム」と「ホテルルーム」と呼ばれる場所があり、「レジデンスルーム」はこの「ピーマン通り」にあります。
「レジデンスルーム」には大きなバルコニーやテラスがある部屋もあり、とても開放的で、ペットと一緒に宿泊出来る部屋もあります。

余談ですが、今回、八ヶ岳を旅行していて一番に感じたのが、ペット(主にワンちゃん)を連れている方がとても多かったです。
ペットと一緒に入れる食事処や施設も多く、ペットを飼われている方にとても優しい土地なのだなーという印象を受けました。
自然豊かですから、ペットも開放的に過ごせて嬉しいですよね。

リゾナーレ八ヶ岳 画像02

先ほども書きましたが、リゾナーレ八ヶ岳は八ヶ岳の山奥にあるのでとても静か。
宿泊客はファミリーが多いので、子供の声が響いているくらいです。

宿泊するだけの場としてでなく、リゾート感が味わえるのはリゾナーレの良いところです。

ホテルルーム スタンダードトリプル

ホテルルーム スタンダードトリプル 画像01

ゲストルームはホテルルームのスタンダードトリプルに宿泊しました。
2017年4月にリニューアルしただけあり、清潔感ある綺麗な部屋。
35平米(21.6畳)なのですが、リゾナーレ熱海で宿泊した部屋がとてつもなく広かったのもあり、こじんまりとしてるなといった印象でした。

ホテルルーム スタンダードトリプル 画像02

娘と宿泊と伝えていた為か、ブロックが置かれていました。
熱海の時は“ベビーウェルカムプラン”で予約したので、部屋に色々準備されていたのですが、今回は1泊2食付きのノーマルプラン。乳幼児と一緒ということで、用意してくれたのだと思います。

ホテルルーム スタンダードトリプル 画像03

部屋にBluetoothスピーカーが設置されていたのは驚きました。
スマホとペアリングして、通話も出来るみたいです。

ホテルルーム スタンダードトリプル 画像04

今回この部屋に決めたのは窓からの景色。
リゾナーレ八ヶ岳では、バルコニー付きのゲストルームが多いのですが、バルコニーがホテル内を向いている部屋が多く、せっかくなら景色を楽しみたかったので、八ヶ岳の景色が眺められる部屋に決めました。
当日の天気はすぐれませんでしたが、こればっかりは予想できませんからね。

カフェのある本屋さんが素敵

Books & Cafe 画像01

リゾナーレ八ヶ岳には「Books & Cafe」と呼ばれる、本屋さんがあります。
本や絵本の他にも、文具や雑貨なども扱っており、セレクトされた一つ一つがとても素敵なお店です。
今は無くなってしまいましたが、新宿のマルイにありましたアンジェに似たテイスト。

Books & Cafe 画像02

また、カフェも付いており、本屋の中は勿論、外でも楽しめます。
肌寒かったので柚子茶をいただきました。

とにかくご飯が美味しい

今回、夕・朝食(昼食に変更可)付きのプランを予約し、どちらも「YYグリル(ワイワイグリル)」と呼ばれるビュッフェスタイルのレストランでいただきました。

ここのご飯が本当に美味しかった。
普段何を食べても美味しいと感じる高級店に連れていきがいの無い私なのですが、ここは「うわぁー違うわ!」と実感するほど。
ホテルビュッフェは好きでよく利用するのですが、格段に美味しかったです。

YYグリル 画像01

夕食はメインを決め、他は前菜やスープなどをビュッフェスタイルで持ってくるかたちでしたが、ビュッフェでお腹いっぱいにしてしまうほど満足でした。
自然豊かな土地だからか、野菜が本当に美味しかったです。

YYグリル 画像02
YYグリル 画像03

私は牛肉で妻は豚肉をメインに選びましたが、こちらもコース料理さながらのかなりボリューミーなメイン料理で美味しかったです。

さっきから“美味しかった”しか言ってませんね。

YYグリル 画像04

朝食も和食、洋食揃っており、1歳の子供のご飯も困りませんでした。
八ヶ岳はパンが有名なのは直前まで知らなかったのですが、確かに美味しかったですね。
ワインも有名ですが、夫婦揃って下戸なので、お酒は控えておきました。

観光ルート

今回は距離もそこそこあるので、子供のことも考え、レンタカーでのんびりまわってきました。
紅葉の時期だったので、景観が本当に良くて目を奪われてしまう欲求を必死に押さえながら安全運転しました。

ルートはこんな感じ。

初日

新宿 → 清里テラス → 山梨県立 まきば公園 → 萌木の村 → リゾナーレ八ヶ岳

八ヶ岳は初めてだったので、ネットやガイドブックなどで観光スポットを調べた結果、王道?なルートに。
当日はあいにくの曇り空だったのですが、幸い雨は降らなかったので当初の予定通り、清里テラスからまわってきました。

清里テラス 画像01

曇ってるから雲海が見えるかな?なんて期待しましたが、全て霧に覆われて何がなんだかでした。
でも、1歳の娘とリフトに乗る機会なんて安全上あまり経験出来ないのでは?と良い経験出来たかなと思います。

寒かったので早々に清里テラスを後にし、動物とふれあいにまきば公園へ行きました。

まきば公園 画像

この公園にはやぎや羊、ポニーがいましたが、なんと無料でまわれます。
どこでお金もらってるのか……謎ですね。
横浜の野毛山動物園も無料ですが、あそこは募金がありますが、募金箱なども見当たらなかった気がします。

まきば公園 画像01

結構広い公園で、高低差もあるので、往復したら結構良い運動になりました。

昼ごはんをどこで食べようかと考えた結果、やっぱり山梨と言ったらほうとうだよね!と「小作」に向かいましたがちょうどお昼時だったので激混み。
近くの蕎麦屋に行こうとしたら今度は貸し切りと……どうしようとなっていたところ、妻がメリーゴーランドが併設されたカフェがあるということで、急遽そこに行くことに。
行って知ったのですが「萌木の村」と呼ばれる観光施設で色々なショップやレストランが自然豊かな土地にあり、とても良い場所でした。

紅葉画像01
紅葉がとっても綺麗でした

ご飯を食べて、お茶したり散歩したりまわっていたらチェックインの時間になったのでホテルへ向かい初日を終えました。

翌日

次の日のルートはこんな感じです。

リゾナーレ八ヶ岳 → 道の駅 こぶちざわ → 清泉寮 → 帰宅

本当は「D&DEPARTMENT 山梨店」に立ち寄りたかったのですが、月曜日があいにくの定休日で断念。
その代わりに昨日寄れなかった観光スポットを巡って、早めに帰宅しました。

先ずは「道の駅 こぶちざわ」で家族や会社の人へお土産を買いに。
宿泊施設もあるようで、とても大きかったですが、売店はThe道の駅!といった感じで意外と小さかったです。

この日は昨日の曇りが嘘のように晴天に恵まれたので、ソフトクリームとパンが有名な清泉寮へ向かいました。

清泉寮 画像01
清泉寮からの景色も壮大

着いた時間は早かったためか人が少なかったですが、お昼時になるにつれ、観光客でいっぱいになりました。平日でしたが、凄い人でビックリ。

ソフトクリームのアイスの部分を娘が落とすというベタなハプニングもありましたが……アイスはとても美味しかったです。
アイスや甘いものはまだ食べさせたくないのですが、こういう時だけの特別にしています。

まだ旅行気分を楽しみたかったですが、東京まで結構かかるのと子供の疲れを次の日に残したくなかったので早めに帰宅しました。

1泊2日の鞄の中身

カメラとパソコン

パッキング 画像01

カメラは動画撮影をメインに動いていたのでGH5に12mm-60mm/F2.8-F4のLEICAレンズを付けて持ち歩きました。
X-Pro2も持ってきましたが妻がX100Fで写真撮影してくれていたので、ほとんど使いませんでした。
本当はX-Pro2で夜中タイムラプスを撮影する予定でしたが、曇りだったので断念しました。
その代わり、朝、タイムラプス撮影をしたので、この為に買った忍者レフは役にたったかなと。

あと、旅行用にJOBY ゴリラポッドを買っていったのですが、買って正解でした。
人気なだけありますね。使い勝手も良く、比較的コンパクトで携帯性も良かったです。

日、月と有給を使って旅行に行ったので、どうしても処理しなければならない仕事があり、パソコンも持っていきました。
「リゾナーレ八ヶ岳」には無料のWi-Fiがあるので、無事、快適に仕事が出来ました。

安定のファストファッション

パッキング 画像02

ユニクロのTシャツ(1,000円)に、H&Mのスウェット(2,000円)、そして去年買った最強防寒具であるユニクロのダウンになります。
子供が生まれてからというもの、楽な格好へと流れてしまいます。歳ですかね。

初日は山の上で天候も悪く、極寒だったので、ダウンを持っていって本当に良かったと思いました。
11月の八ヶ岳は結構寒いので、この時期に旅行される方は着ていく服にご注意ください。

CabinZero キャビンゼロ バックパック 44L

パッキング 画像03

荷物が多い旅行や帰省時に大活躍なのがこのバッグ。

44Lって他の一般的なバッグと比較してもらうとわかりますが、物凄い大容量になります。
180度近くガバッと開けて物をズカズカ入れられるので、収納時とても便利です。
フロントにジップポケット、中にPCや書類用の窓(クッション性は無いので、PCを入れる際はケースと一緒に)、小さな収納箇所が2箇所ありますが、正直なところ、使い勝手はあまり良くありません。
そして、大きいが故に中はグッチャグチャになったり、横で収納をしても結局は縦か横で持ち歩くので、重心により荷物が寄ります。
なので、本当に荷物が多い人向けですね。
我が家は3人ファミリー分の荷物を入れ込むのでちょうど良いです。

ちなみに、一人で使用するなら36Lをお勧めします。これでも十分大きいので。

まとめ

旅行中は楽しくてあっという間に時間が過ぎてしまいますね。
色々と想像しながら準備している時間も楽しかったり、旅行って本当に癒されますね。
移動費に宿泊費、その他諸々、ファミリーだと結構な金額がかかるので、そんな頻繁には行けませんが、また計画をたてたいなと思います。

星野リゾートはやはりいいですね。
「リゾナーレ熱海」「リゾナーレ八ヶ岳」……となるとトマム??となりますが、流石に北海道はかなり計画たてて行かないとなので、別の施設に泊まりたいなと思います。

もし子供連れでお勧めのホテルがあったら是非教えてください。お願いします!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

   

この記事を書いた人

お勧め記事